?ソレイユ稲沢のお風呂は          高濃度炭酸泉です?
炭酸泉とは…

”炭酸ガス”(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。
「ラムネのお風呂」と言われることもあります。
日本の温泉法で
1000ppm以上のものを高濃度炭酸泉と言い
濃度が高ければ高いほど、その効果を発揮すると言われています。
炭酸泉には、他の温泉には無い独自で明確な作用があることが
医学的にも証明されています。

炭酸泉に入浴すると…

ぬるめのお湯でも実際の温度より約2、3度温かく感じるため、
低い温度で体の芯から温まり、湯上り後も体がポカポカ温かく、
暖かさの持続性が強いのが特徴です。